クリップボードで書き込むビジネスマン 専門コラム今週のマネジメント 伊東 翼 執筆のチェーン経営に役立つコラム

企業の経営者にしかわからない「雇用する側」に発生するマネジメントの課題について言及し続けています。 (※このページの最下記に最新のものとバックナンバーが有ります)

 

「経営」とは?

今日に至るまで、たったこの2文字の意味を社員やスタッフに正確に伝える為に、いったい今まで何人の経営者が、そしてその経営者たちはどれだけの時間を費やしてきたことでしょう。

 

日々、経営者を困らせる課題は様々です。

 

それは

 ・会社の資金のありがたみ

 ・利益を得るという事の重要性

 ・限られた資源を使っていかに最大の効果を得られるか?の真剣さ

などは、最終的に責任を取らなければならない人とそうでない人の認識に大きなズレが生まれます。

 

組織を束ねなければならないリーダーは、いかにメンバーにその本質を理解してもらえるか?

組織の数値UPだけにリーダー自身も集中していたいところ、ことあるごとにその能力を要求されます。

 

そんな忙しい経営者にスキあらば、追い打ちをかけるがごとく

 ・貴重な会社の資金を、まるで水道から出る水のごとくジャブジャブ無心に使われたり

 ・「前年比は超えましたが、残業代は跳ね上がりました」などと同じ過ちを平気で繰り返されたり

 ・「武器が揃ってないので、これが精いっぱいやった結果ですが何か?」など強気に開き直られたり

経営者は心を休められる暇もありません。

 

そこで当社はそんな経営者の頼れる「相棒」となるコラムを発信し続けるページを創りました。

 

日夜、社会貢献の為に「組織を束ねなければならない」という重い責任が付いて回る「誰もが逃げ出したくなる過酷な道」を歩み続ける組織の経営者にとって、きっと

 「こんな時、他の経営者はどう考えて、どう動いているんだろうか?」

 「自分だけじゃなかったのか」

 「果たして今回の選択は業績につながるのだろうか?と考えていたが、そんな選択肢や方向性もあるんだな」

などと感じていただける、心強い味方となることでしょう。

最新コラム

「この人にずっとついて行きたい」たった1手で戦友が増えていく社長は、普段何をしているのか?

彼の一手は、億単位の結果が出る。 そんな桁外れな人のエピソードです。   そんな彼は現状に満足しておらず、意外にも自身の将来に不安を感じていました。 そしていつまでも自分では解決できずにいた為、ある社長を訪ねてみることにしました。 しかし彼の本心は「何とかしてくれるのでは...

詳細はこちら

コラムバックナンバー

「こんな凄い結果をどうやって出したの?」とび抜けた人が次々に生まれるチェーンにできる社長の視点には「皆狂い」?

 「社長、これはいいですね」  「つい何度も利用したくなります」 会社のイチオシをご紹介された後、私がお尋ねするのは  「これを劣化なく、純度100%で売る工夫はありますか?」   劣化とは販売の状況によって、売り物本来の価値が下がってしまったまま、売りつけてしまうことを...

詳細はこちら

「動く人」より「稼ぐ人」が増えていくチェーンにしたい社長の秘密兵器とは?

 「この素晴らしい状態を常に維持できているんですか?」 チェーン企業の中には「模範だ」「勉強になる」と言われるほど、徹底されているところもあります。 しかし中には 「実は収益性には満足してません」 という企業も。   予定通りにならないという現実は、組織のリーダーの勢いを...

詳細はこちら

直営店は薄利、FC店は不徹底となってしまう原因と解決策とは?

 「フランチャイズ化して加盟店を増やしていきたい」 直営店だけのチェーン事業を展開してきた経営者なら、一度はお考えになったことがあるのではないでしょうか?   メリットはいくつか挙げられますが、その1つは「利益を上げるぞという意識の違い」です。これは「言われたから動く」と...

詳細はこちら

チェーン事業の社長には「人が集まらない呪い」に、初めからかかっている

社長の中には、他社よりも利益をバンバン上げられ、従業員もドンドン集まってくる会社にできる方がいらっしゃいます。 しかしそんな社長は多くはありません。 その理由を1つ挙げますと、社長という役職に就いた人は、その時点ですでに  他社よりも利益を上げられず、仲間も集まってこない...

詳細はこちら

社長が店舗を視る度に「全然できていないじゃないか」ばかりのチェーンが「できてるね」だらけに変えるのに、社長が頭を下げる必要など無い

チェーンビジネスの業績を上げ、他社との差を広げていく為にはどうしてもクリアしなければならない課題があります。 それは「全店舗が会社の方針を常に徹底できている状態の維持」です。   その理由は2点で、この課題をクリアできているチェーンがほとんど存在していないから。 そしても...

詳細はこちら

社長が興味を引かれるほどの従業員が生まれてくる企業にある「恐れ」と「願い」とは?

世の中には数えきれないほど、様々なコンテンツが溢れています。 中には注目を集め、多くの支持を得られているものもありますが、  「あ~ハイハイ、また出ましたね、そのありきたりパターン」  「見るまでも無い」 などと、即スルーしてしまうことがほとんどではないでしょうか?   ...

詳細はこちら