クリップボードで書き込むビジネスマン 専門コラム今週のマネジメント 伊東 翼 執筆のチェーン経営に役立つコラム

企業の経営者にしかわからない「雇用する側」に発生するマネジメントの課題について言及し続けています。 (※このページの最下記に最新のものとバックナンバーが有ります)

 

「経営」とは?

今日に至るまで、たったこの2文字の意味を社員やスタッフに正確に伝える為に、いったい今まで何人の経営者が、そしてその経営者たちはどれだけの時間を費やしてきたことでしょう。

 

日々、経営者を困らせる課題は様々です。

 

それは

 ・会社の資金のありがたみ

 ・利益を得るという事の重要性

 ・限られた資源を使っていかに最大の効果を得られるか?の真剣さ

などは、最終的に責任を取らなければならない人とそうでない人の認識に大きなズレが生まれます。

 

組織を束ねなければならないリーダーは、いかにメンバーにその本質を理解してもらえるか?

組織の数値UPだけにリーダー自身も集中していたいところ、ことあるごとにその能力を要求されます。

 

そんな忙しい経営者にスキあらば、追い打ちをかけるがごとく

 ・貴重な会社の資金を、まるで水道から出る水のごとくジャブジャブ無心に使われたり

 ・「前年比は超えましたが、残業代は跳ね上がりました」などと同じ過ちを平気で繰り返されたり

 ・「武器が揃ってないので、これが精いっぱいやった結果ですが何か?」など強気に開き直られたり

経営者は心を休められる暇もありません。

 

そこで当社はそんな経営者の頼れる「相棒」となるコラムを発信し続けるページを創りました。

 

日夜、社会貢献の為に「組織を束ねなければならない」という重い責任が付いて回る「誰もが逃げ出したくなる過酷な道」を歩み続ける組織の経営者にとって、きっと

 「こんな時、他の経営者はどう考えて、どう動いているんだろうか?」

 「自分だけじゃなかったのか」

 「果たして今回の選択は業績につながるのだろうか?と考えていたが、そんな選択肢や方向性もあるんだな」

などと感じていただける、心強い味方となることでしょう。

最新コラム

多くの店舗ビジネス企業に残っている、退職者が出続ける風習とは?

 「会社を辞めたいという相談を、上長がずっと無視していた」 ある企業で発生した問題です。   理由は、自分のせいで辞めたいとなってしまった社員の存在を、会社に知られたくなかったから。    「申し出を無視していれば、退職を諦めて仕事を続けてくれるのではないか」   そんな...

詳細はこちら

コラムバックナンバー

人手不足時の縮小営業を許可する際にもっておくべき社長の視点とは?

 「一体いつになったら通常営業に戻せるんだ?」 過去の私ならそう怒鳴ってたことでしょう。 ある社長がおっしゃいました。   今や何も言わずとも、誰もが真剣に結果を出そうとする組織に変えられたものの、かつては、従業員達に本気を出してもらいたいからと、日々圧力をかけていた過去...

詳細はこちら

複数店見れる店長が欲しい時に、社長が気を付けなければならない点とは?

 「伊東さん、もう1店舗を任せてみたい店長がいるんですが」  「何か気を付ける点はありますか?」 ある社長から質問をいただきました。 会社の更なる飛躍を求めて、事前準備を入念にしておきたいとのことです。   同じように店舗ビジネス事業がある会社の社長には、新たな収益源が欲...

詳細はこちら

スタッフ教育から逃げ続ける店長を変えるには?

 「店長とは1年以上会ってません」   それを聞いた時は唖然としました。 想定外すぎて。   ある社長がおっしゃいました。   この前のセール期間に、店長からどんな指導を受けたのか? スタッフに聞いてみた際の返答がそれだったのです。     組織のリーダーの立場である人な...

詳細はこちら

店舗スタッフが集まらない今、稼ぐ社長はどこを見つめているのか?

 「会社にワンオペを強要された!」   「数年前に発生した問題の後処理がまだ残ってます」 ある社長がおっしゃいました。   ワンオペ。 いつからか、この言葉が世の中に定着しました。 意味は一人で店舗をまわすことです。   たった4文字で相手に意味を伝えられる便利な造語では...

詳細はこちら

モチベUP策が、空振り続きの企業に必要な社長の視点とは?

 「高額な社員旅行に、手間のかかるコンテスト」  「伊東さん、これらは本当に必要なのでしょうか?」 ある社長からのご質問でした。   これと同じように、店型ビジネスの社長の中には、  ・モチベーションを上げる為のイベントは続けた方がいいのか?  ・このイベントは効果がある...

詳細はこちら

社長がやりたかった仕事は取引先に対しての点数稼ぎですか?

 「この取引先からの依頼に全力を注げば、きっと大きな見返りがあるはず・・・」  「高いコストと時間を捧げ続けて、気が付いたら、ん十年ですよ」 ある社長が過去を振り返っておっしゃいました。   ここでコラムをご覧の社長に質問です。 Q:社長が元々やりたかった仕事は何でしょう...

詳細はこちら