クリップボードで書き込むビジネスマン 専門コラム今週のマネジメント 伊東 翼 執筆のチェーン経営に役立つコラム

企業の経営者にしかわからない「雇用する側」に発生するマネジメントの課題について言及し続けています。 (※このページの最下記に最新のものとバックナンバーが有ります)

 

「経営」とは?

今日に至るまで、たったこの2文字の意味を社員やスタッフに正確に伝える為に、いったい今まで何人の経営者が、そしてその経営者たちはどれだけの時間を費やしてきたことでしょう。

 

日々、経営者を困らせる課題は様々です。

 

それは

 ・会社の資金のありがたみ

 ・利益を得るという事の重要性

 ・限られた資源を使っていかに最大の効果を得られるか?の真剣さ

などは、最終的に責任を取らなければならない人とそうでない人の認識に大きなズレが生まれます。

 

組織を束ねなければならないリーダーは、いかにメンバーにその本質を理解してもらえるか?

組織の数値UPだけにリーダー自身も集中していたいところ、ことあるごとにその能力を要求されます。

 

そんな忙しい経営者にスキあらば、追い打ちをかけるがごとく

 ・貴重な会社の資金を、まるで水道から出る水のごとくジャブジャブ無心に使われたり

 ・「前年比は超えましたが、残業代は跳ね上がりました」などと同じ過ちを平気で繰り返されたり

 ・「武器が揃ってないので、これが精いっぱいやった結果ですが何か?」など強気に開き直られたり

経営者は心を休められる暇もありません。

 

そこで当社はそんな経営者の頼れる「相棒」となるコラムを発信し続けるページを創りました。

 

日夜、社会貢献の為に「組織を束ねなければならない」という重い責任が付いて回る「誰もが逃げ出したくなる過酷な道」を歩み続ける組織の経営者にとって、きっと

 「こんな時、他の経営者はどう考えて、どう動いているんだろうか?」

 「自分だけじゃなかったのか」

 「果たして今回の選択は業績につながるのだろうか?と考えていたが、そんな選択肢や方向性もあるんだな」

などと感じていただける、心強い味方となることでしょう。

誰からも「嫌がらせ」を受けず、利益を激上げしていける人や組織には何があるのか?

「また始まっちゃいましたね、伊東さん。政府のおハコ『遺憾である』が!」 ある社長が怒りを込めておっしゃったのは、今回で7度目ともなる北朝鮮の弾道ミサイル発射に対しての日本政府の対応についてでした。   いきなりですがコラムをご覧の貴方に質問です。 これまでの人生において、...

詳細はこちら

社内に反対派勢力をつくりたがる人達の弱点とは?

 「この人達は国民を煽(あお)る事でしか数字を稼げないんですかね?」 ある社長が久しぶりにテレビを見たが、夜のニュース番組の取り上げる内容に呆れたとのこと。 社長は複数の会社を所有し、書籍の販売でも稼いでいる方。提供元が何を伝えたいのか?主旨を見るその目は厳しいものがあり...

詳細はこちら

「利益を上げなさい」 ストレートに言えますか?

「伊東さん見て下さい、こんな量になっちゃいましたよ」 A社長が見せてくれたスマホには、成果を出す過程において生み出された大量の「ボツ案や下書き、試作品などの山」を撮影した画像でした。 A社長を一言で表現しますと寡黙な方。会社自体も常に世の中の変化を的確に分析し、目立たず、...

詳細はこちら

稼ぐ企業は「見せしめ」「吊し上げ」をしない

一大イベントがあったその日、関係者は全員疲れたまま一杯かわしあい解散。 すっかり夜も更けた東京駅にてG社長と二人になったのですが、今日はお疲れさまでしたと帰路につくかと思いきや意外な事をおっしゃいました。  「伊東さん、実は私この後移動で大阪です」 私が驚いたのは、すでに...

詳細はこちら

ワンマン経営の何が悪いのか?

 「この前の案ですか? あれは賛成意見が多かったのでやめました」 笑いながらK社長がおっしゃいました。 賛成されたのに止めたとは何故なのか? その理由は、社長の発案に周囲からは  「えっ?今度はそんなことをやるんですか?」  「また社長がとんでもないことを言い出した」  ...

詳細はこちら

まるで利益の泉。儲かる案が次々に湧き続けてくる組織内には「〇〇」がある

「伊東さん、この案、ニオイますか?」 ある社長からそう質問されたのは「儲かるニオイ」がするかどうか? 儲かるニオイとはどういうものなのか? それは例えば  ・セールで前年を超える数の商品を販売できた  ・話題の商品を仕入れられた  ・元気あふれる社員を採用できた  ・好立...

詳細はこちら

「ちょっとくらい不正してもいいんだよ」とそそのかしているのは誰なのか?

「伊東さん、チェーンの規模が大きくなっていった時、監査部門って必要になりますか?」 ある社長からの質問に私は即答しました。 「不要です」 社長は驚かれました。なぜなら私の返答はきっと「チェーン事業がある程度の規模になってきますと監査部門を設けているところは多いですね」など...

詳細はこちら